知らない人でもわかるBYA412シリーズの歴史

アメリカの折りたたみ自転車会社「DAHON」は、低価格の街乗り用折りたたみ自転車から、スポーツ走行も可能な高価格の折りたたみ自転車まで製造しています。その中でも特異なモデルが14インチ折りたたみ自転車でしょう。

中国DAHONのWebサイトを見ると、自転車の名前以外に型式名が書いてあります。その中でも14インチ折りたたみ自転車「Dove」はBYA412という型式で呼ばれています。BYA412CLUBというWebサイト名は、Dahonの14インチ折りたたみ自転車の「Dove」の型式名から取っています。

BYA412は中国DAHONが企画した折りたたみ自転車と言われています。中国の通販サイトを見ると、BYA412専用の部品が数多く見つかるのがわかるでしょう。日本ではBYA412の部品を販売しているのは少ないため、中国の通販サイトから個人輸入を行う方法や、日本国内で入手可能な部品を加工するなど、カスタマイズやチューンナップを行うのは難しい欠点もあります。

日本では自動車ブランドの自転車で知られるGICから、FIATブランドで「AL-FDB140」やRENAULTブランドの「AL-FDB14」で販売されていました。FIAT・RENAULTブランドの「AL-FDB140」モデルはDAHON・OEMモデルと呼ばれている物で、DAHONの技術や設計を流用し安価に販売しているモデルとして知られています。この時からコンパクトで軽量なのを売りにしてマニアに根強い人気がありました。

GICはAL-FDB140シリーズ終了後、ルノーブランドからウルトラライト7を登場させます。ウルトラライト7はDAHON OEMモデルではありませんが、折りたたみヒンジや基礎設計などはDAHOHに似た設計を採用しています。その後、ウルトラライト7がヒットしたことにより、GICからはマグネシウムフレームやチタンフレーム仕様などを発売することとなりました。

そしてついに、DAHONから本家BYA412と呼ばれるDOVEを発売します。2018年モデルからは車体重量7kg以下のDOVE PLUSが登場し、ブームが過熱している状況で、他の自転車ブランドからも14インチ折りたたみ自転車が登場しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA